2017/07/20

スイスの蜜源植物_フウロソウ

「スイス旅行のまとめ - ミツバチ編」

フウロソウの仲間 (Geranium Sylvaticum / Geraniaceae)
写真:2017/6/22 Col de Balme〜Charamillon 標高2000m付近

写真を眺めていて気付いたが、フウロソウへ訪花しているのはスイスの在来種ブラック・ビーではなかったかと思う。

氷河期の時代からスイスの自然界に生息してきた"スイス・ブラック・ビー" (Swiss black bee)、ハチミツ生産量で商業用養蜂種に劣ることから、近代養蜂の普及とともに忘れ去られ一時は絶滅の危機に瀕していたらしい。

近年、そのブラック・ビーを再評価する機運が高まり、その保護運動は、スイスだけでなくヨーロッパ各国で起きている。
冬の寒さに強い環境適応性、伝染病への強い抵抗力などの長所に加え、生物多様性の観点から在来種を大切にする考え方の広まりや、効率化、生産性一辺倒の近代養蜂への反発などが運動の背景にありそうだ。
ブラック・ビーが歩んだ道程が、日本ミツバチと酷似しているのが興味深い。


注記:
ブラック・ビー”は、英国、北欧、中欧、ヨーロッパアルプスなどのヨーロッパ各地に生息し、それぞれの国で、 
British black beeGerman dark beeScandinavian black bee 、. . . などと呼ばれているが、全てセイヨウミツバチ(Apis mellifera)の亜種「Apis mellifera millifera」に分類される。
→「スイスの蜜源植物_一覧」へ戻る