2017/07/20

スイスの蜜源植物_ミネズオウ

「スイス旅行まとめ - 蜜源植物」

loiseleuria / Azalea
Gornergrat〜Riffelsee  標高2600m付近 
(2017/6/25撮影)
Riffelseeへのハイク途中で見かけたのが今回の旅行中で、最も高い場所で見かけたミツバチだった。マッターホルンを背景に広がるミネズオウ(の仲間)のお花畑でのことだ。他の場所でも同じような疑問を感じたが、ここに集まっているミツバチ達は一体どこから来ているのだろうか?

森林限界を超えた標高2670mの高地、はるか眼下に集落が見えなくはないが、そこまでは直線距離でゆうに5〜6キロ以上ありそうだ。移動養蜂家が運び込んできた巣箱が近くにあるとも思えない。次回スイスアルプスを訪ねる時にはビーライニングボックスを持参し、巣の在り処を探してみたい気がしてきた。


→「スイスの蜜源植物_一覧」へ戻る